ダイエット中に避けたい食べ物

MENU

カロリーよりも内容重視

ダイエットというと食事制限と運動が鉄則です。

 

ダイエット中には摂取カロリーを抑えることばかりに気を取られがちかもしれません。

 

確かに摂取カロリーを抑えるのは大事ですが、数値だけでなく何を食べたのか、その内容がかなり重要なのです。

 

どうしてもチョコレートが食べたいからと、食事を減らして食べている方もいらっしゃるかもしれません。

 

減らす程度ならいいですが、食事の代わりにチョコを食べるのはどうでしょうか。

 

カロリーだけいうなら、上限以内に収めれば問題はありません。ただ、常識的に考えてチョコレートだけの食事では栄養バランスがかなり偏ってしまうことはおわかりでしょう。基礎代謝を落とさずに健康的に痩せるには、カロリー計算だけでなく、食べる食事内容を重視することです。

ダイエットの天敵と言えば

ダイエット中の食事は栄養バランスよくが基本ですが、できれば摂りたくない、いわばダイエットの天敵があります。それがお酒です。

 

合コンや女子会などに欠かせないアルコールですが、実はダイエット中は避けたい食品なのです。というのはお酒というのはカロリーはあるけれど栄養はない食品の代表格だからです。それだけならまだしも、お酒は神経中枢を麻痺させるので、満腹なのに空腹と勘違いしてたくさん食べてしまうため、痩せたいなら飲酒は避けたいところです。

 

それでもどうしても飲みたいならウイスキーがおすすめです。

 

もちろん飲むといっても適量ですが、日本酒やワインなどと違って糖分が少ないので、カロリーに関しては低めだからです。ただ、上述のようにカロリーだけで栄養はないので、ダイエット中の飲酒を推奨しているわけではありません。

安心と思っていたあの食品も実はNG?!

ダイエット中でも甘い清涼飲料水が飲みたい、そんな時に飲みたくなるのがゼロカロリーのジュースでしょう。

 

ゼロとは言っても全くカロリーがないわけではないですが、普通のジュースを飲むよりもかなり低いカロリー摂取で済むことは確か。これなら太らないから安心と気を緩めているあなた、実はこれは大きな間違いなのです。

 

確かにゼロカロリーのジュースはカロリーがほぼゼロです。ただ、甘さを出すために体に良いとは言えない人工甘味料を使っています。実はこの人工甘味料が食欲を増進させるケースもあるらしいのです。

 

すべての人に言えることではないですが、ゼロカロリーのジュースを飲むとなんだかお腹が空くという方は控えた方がいいかもしれません。
このようにダイエット中はカロリーの数値だけでなく、その内容を重視すべきなのです。